ホームインスペクション [ サービスの流れ ]

中古住宅購入時の場合

中古住宅を購入検討している多くの買主様は、仲介業者様から他に購入希望者がいるので数日しか待てない等、契約を急かされることがよくあります。よってホームインスペクションを実施できることになっても不動産契約直前に行われることが多く、急な診断依頼が圧倒的に多いのが現状です。当社では第三者性を固持し、できる限り依頼者様のご希望に対応できるよう心がけています。

不動産契約前のホームインスペクションに際し、買主様側からお問合せ頂く際に必要な情報は下記となります。

  1. ホームインスペクションを実施するにあたり、売主様と仲介業者に了承を得ているか?
    (了承が得られない場合残念ながらホームインスペクションはお引き受けできません。)
  2. 物件所在地・建物の構造・間取り・面積・建築年などの情報。
  3. 図面の有無(最低限平面図、あれば立面図その他)
  4. ホームインスペクション希望日時

上記情報を基にお見積りをさせて頂きます。その際、『ホームインスペクション受付票』を作成し、FAX又はメールで内容をご案内させて頂きます。ご了承頂ければ、署名をして頂き返信をお願いしています。急なご依頼に対応する為にこの一連の作業をもって受付(契約)とさせて頂いております。
ホームインスペクション当日までに、仲介業者様を介し売主様に『ホームインスペクション受付票』に記載のある『インスペクションの範囲と内容』をお伝え頂ければ幸いです。
特に設備に関しましては、当日電気や水が使用可能かどうかのご確認をお願いできればと思います。

ホームインスペクション当日は、お立合いの売主様や仲介業者様にも内容のご説明を致します。途中、お聞きになりたいことがあれば遠慮なくご質問下さいませ。尚、報告書の作成は最短でも2日程度は頂いておりますが、契約をお急がれる方の為にホームインスペクション終了後にダイジェスト解説をさせて頂いておりますのでご参考にして頂ければ幸いです。
ご不明な事があれば何なりとお問合せ下さいませ。


第三者性を固持
第三者性を固持

 


 

ホームインスペクション受付票
ホームインスペクション
受付票

 


その他のホームインスペクションご依頼の流れ

ご自宅の点検の為のホームインスペクションや新築住宅の内覧会をご希望の方は中古住宅購入の場合と違い時間等に制約はないかと思いますので、中古住宅購入時と同等の内容をお知らせ頂ければお見積りをさせて頂きます。
また、工事の進行チェック、雨漏りの調査等をご希望の方はご希望の調査内容をお知らせ頂ければお見積りをさせて頂きます。 こちらのホームインスペクションは第三者性ではなく、依頼者様側の立場で診断させて頂いております。